実際に行ってみる


インターネットや口コミでの情報収集には限界があります。最終的には実際に歯医者へ行ってみて判断するしかないでしょう。もしあまりよくない歯医者であった場合には、次回の予約をしないで帰るか、予約をして後から電話でキャンセルすればよいのです。では、どのような点に注目をしておけばよいのかというと、事前の説明が十分行われているのかという点です。

治療を開始する前には、必ずカウンセリングのように詳しい説明をしてくれるのが一般的です。治療に健康保険が適用されるのか、適用されない場合にはいくら必要になるのか、どこがどのように悪くなっており、どれぐらいの期間治療をするのかなど、詳しい説明がない場合にはよい歯医者とは言えません。他にも院内の状態である程度良し悪しを判断することができるでしょう。

歯医者は衛生面がとても重要なので、見た目がきれいで清潔感が出ていることが重要です。診察室や受付は当然として、トイレは比較的掃除が滞っている場合もあるので、必ずチェックしておくべき点でしょう。公式ホームページを作っている歯医者も多いですし、院内の様子を写真で記載していることも多いので、実際に行ってみてから判断できることもあれば、事前に判断できることもあるのです。